2010年09月03日

ほくろが出来るメカニズム

今年はホントに猛暑ですね。気象庁が気温のデータを保存し始めてから史上最高らしいです。わたしもとうとう日傘買っちゃいました。年々、そばかすはもちろん、ほくろが増えてしまっているんです。特に顔と腕ですね。ということはやっぱり紫外線が関係してるんですね。紫外線が当たると、紫外線を吸収するためメラニン色素を作り出すという細胞の働きが、異常に活発化されてしまうと、日焼けを通りこしてほくろをつくりだしてしまうようなんです。紫外線は栄養素を体内で合成したり、殺菌したりと人間に必要不可欠な存在ですが、環境破壊が進んでオゾン層が薄くなってしまった今では人間に害を与えてしまうほどの量が地表に降り注いでいます。そのため、少し日光に当たっただけなのにほくろができた、という方も増えているようです。もうひとつ原因としてあげられるものがあります。下着や靴の摩擦、仕事で体の同じ部分に熱や重量がかかるなどの刺激が続き、そこのメラニン形成細胞が誤作動を起こして出来てしまうこともあります。気をつけないといけないですね〜。

posted by おん at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。